旅行記┘僖衂畸蔽絅哀襯

  • 2006.06.27 Tuesday
  • 23:11
さて、アルザスから戻ったら今度はパリです〜。
食べたい物(ほぼノルマ)は勿論沢山。
今回滞在したアパルトマンが私も妹も以前暮らしていたカルティエとずいぶん離れているので、行くお店のラインナップもずいぶん変わりました。
普段着(?)の美味しい物から。。。。

まずははずせない大好物。

これが一位に来るのもどうかと思うけれど、DANONEのGERVITA。
通称「アワアワ・フロマージュブラン」
フロマージュブラン(脂肪分の高いヨーグルトのようなフレッシュチーズ)がアワアワになっていて、昔からの大好物。
これにメープルシロップをかけて食べるとたまりません。
今回もMONOPRIX(スーパー)で真っ先にお買い上げ(笑)
乳脂肪分万歳。でもダイエット用のノンファットも売り出されていました。時勢だなあ〜(豆乳ヨーグルトも沢山ありましたよ)

愛しのステック・タルタル(タルタルステーキ)
いわずと知れた生ひき肉です。
だぁ〜い好き!!!
今まで一番のヒットは肉牛の名産地リモージュで食べた物ですが、今回の2件(アパート近所のカフェとサントノーレ通りの。。。ああ、名前忘れた!ヴァンドーム広場と交わるところの赤いブラッセリー!)のも美味しかった〜。
お店によってどころかサービスマンによって味付けが違う(サービスマンがその場で生肉に酢や油、ケチャップなどで味をつけてくれる)ので、なかなかスリリングです。
付け合せにはサラダかフリット(ポテト)が選べますが、私はいつもポテトをチョイス。飲み物はプレッション(生ビール)が正当派だと、勝手に思っています。

SALUT!生肉!VIVA!生肉!

狂牛病なんて知るもんか!と留学中も食べまくっていました(大体プリオンはウィスルじゃないから加熱、非加熱は関係ないんだって。だから加工品も問題になるわけで・・・・なのに「タルタルは怖い」なんていうフランス人も多い。無知だなあ、ぶつぶつ)


そして長きに渡るダイエット生活のタマモノか?
今回はサラダも良く食べました。
同じくサントノーレの赤いブラッセリーのサラダ・ニソワーズ(ニース風サラダ)、予約が取れない上に行列の出来るODEONのカフェLE COMPTOIR(美味しいと思ったら14区の名店LaRegaladeの系列店だそうな)のフォアグラサラダ。
同じくLeComptoirのサラダ・ニーソワーズにアパートの近所のカフェのチキンサラダです。

しかしサラダってその店の力量が出るなあ、とつくづく実感。
ひどい店は野菜はレタスだけ、酸っぱくて色の薄いトマトが乗って、あらかじめ盛り付けたものを冷蔵庫に入れておいたせいでお皿とサラダが同じ温度。
レタスを食べているのか霜を食べているのか、と言うようなこともあります。
勿論そんなお店のサラダボールの底にはうっすらと水がたまり、既製品のドレッシングも薄まる始末。

良いサラダは野菜の取り合わせ、鮮度、下処理、、味付け、どれも見事で、飽きる事がありません。
シンプルなだけに気を抜けない一皿なのだなあ、と。
美味しいサラダのある店の見分け方。こればかりは出てくるまで判りませんが、サラダの美味しい店は信用して良いと思う。
そういえば今まで訪れた☆付き、星無しに関わらず、良いレストランはいずれもお料理は勿論、サラダも飛び切り美味しい物でした。(そしてドレッシングも複雑でオリジナル!)
今回もアルザスのオーベルジュ・ド・リルやパリのレピ・デュパンで美味しいサラダをいただきました。


あら、もっと一杯書こうと思ってたのに、続きはまた。。。
コメント
管理者の承認待ちコメントです。
  • -
  • 2018/05/26 4:56 PM
コメントする








    
この記事のトラックバックURL
トラックバック

calendar

S M T W T F S
      1
2345678
9101112131415
16171819202122
23242526272829
3031     
<< December 2018 >>

Twitter LaboAAAAA

selected entries

categories

archives

recent comment

links

profile

search this site.

others

mobile

qrcode

powered

無料ブログ作成サービス JUGEM