旅行記Α船▲襯競絞圈船▲襯競好錺ぅ

  • 2006.06.22 Thursday
  • 20:08
アルザスへの旅での楽しみはもうひとつ。アルザスワインです。
今まであまり飲んだ経験がないので楽しみにしていました。
それぞれ一回ずつしか飲んでいませんし、ハーフボトルやキャラフ(ピッチャー)で頼んでいるので、どうこう言えないかもしれませんが、セパージュごとの印象を備忘録代わりに・・・・。


中世のブドウ搾り機とワイン樽(彫刻がすばらしい)。
アルザス地方のセパージュ(ブドウ品種)はリースリング、ピノ・グリ、ピノ・ブラン、ミュスカ、ゲウルツトラミネール、シルヴァネールそしてピノ・ノワール。
その他にミックス(?)のエデルツヴィッカー、発砲ワインのクレマン・ダルザスがあります。
AOCはAOCアルザスとAOCアルザス・グランクリュのみ。(だそうな。ガイドさん談)


まずはエデルツヴィッカー(ベスト・ミックスの意味だそう)
ピッチャー等で出てくる普段飲みのワインは大抵このエデルツヴィッカーかシルヴァネールだそうですが、さらり、さっぱりとして実に飲みやすい。
よく冷えて、渇いた喉に心地よい。
各作り手が4種以上のぶどうをミックスして作るもので、何が何パーセントというのはそれぞれで違うそうです。


ゲヴルツトラミネール。
長年この名前が言えずにレストランではいつも「アルザスのゲ何とか」なんて言っていましたが、もう任せて〜♪ってなもんです。
バラやライチ、スパイスの香りが特徴的でモノによってはお花を口に含んだような濃厚な香り。後には割と苦味が残るかな?
ヴァンダンジュタルティヴ(遅摘ぶどうのデザートワイン)には上品な蜂蜜のようなとろりとした甘さ。
結構癖があるので好き嫌いが分かれますが、私は好きだな〜。
ヴァンダンジュタルティヴはお菓子(薔薇のパート・ド・フリュイやアルザスクッキー)にも合いましたが、塩気のしっかりしたパテやソーセージにもぴったりでした♪


ピノ・グリ。甘すぎず辛すぎず舌にもお料理にも寄り添うようなバランスの良さ。私達は一番好きだったかな?
どんなお料理にも合わせやすそうな大人っぽさがあると思いました。
堅気なシャルドネといった感じ。(シャルドネの方が華奢?)


ピノ・ブラン
(名前は似ているが?)ピノ・グリに比べるともっとさわやかでフレッシュな印象。
アペリティフや午後の喉の渇きにも良さそう。
今本を見たら「ピーチやアプリコットのニュアンス」ですって。なるほど。ピーチソーダのようなさわやかさがありました。



クレマン
あら〜。良いねえ。と言うようなコク。
リンゴのようなフルーティーな香りと甘さもあるけれど発砲ワインにありがちな酸っぱすぎたり平たい事がなく、普段飲みに良さそう。セパージュは何だったのかしら・・・・?泡も細かくて繊細でした。

そして写真は手元にないのだけれど、もう最高!!だったのがオーベルジュ・ド・リル(★付きレストラン)で飲んだジョスメイヤーのリースリング'97年。
今までリースリングはジュースのようなさわやかで軽いワインと思っていたのが、大間違い!
香りはバターや木の皮、ナッツのような深みがあり、お味はトロリとしたコク、濃厚な旨み、それでいてしつこくなくお料理を流すタイミング、香ばしくいつまでも残る余韻・・・・。
う〜ん、リースリングもグランクリュはこんなにすごいのか〜。と見直しました。予算とお料理にぴたり合わせてくださったソムリエ氏に感謝!

同じく写真はないけど同じレストランで食前酒に頂いたミュスカも初夏にふさわしいマスカットや森の白い花を思わせるような甘い香りにきりりクールな口当たり。
日本でも見かけると頼むことが多い品種ですがやっぱりこれも美味しいなあ〜。

他にはストラスブールのル・クルーでお隣の席のトムクルーズ崩れ(!リンク参照)にご馳走になったのが多分ピノノワール。
北なのに思ったほど酸味は勝たず、でも結構酔っていたのであんまり覚えていない。北なのに結構ボリュームがあるなあ、と言う印象。キャラメルや皮のようなニュアンスは感じず、赤いフルーツのストレート直球といった感じ。

あ、シルヴァネールだけ飲んでない。
ヴァンダンジュタルティヴだけでなくグラン・ノーブル(貴腐葡萄)も飲んでないし、レアだけどミュスカにロゼもあるらしいし、ゲヴルツのマールもあるんですって〜!
ウコンを持ってきっとまた飲みに行くぞ〜!




コメント
管理者の承認待ちコメントです。
  • -
  • 2018/05/29 5:47 PM
コメントする








    
この記事のトラックバックURL
トラックバック

calendar

S M T W T F S
 123456
78910111213
14151617181920
21222324252627
282930    
<< June 2020 >>

Twitter LaboAAAAA

selected entries

categories

archives

recent comment

links

profile

search this site.

others

mobile

qrcode

powered

無料ブログ作成サービス JUGEM