旅行記ァ船▲襯競絞圈船妊供璽函お菓子

  • 2006.06.19 Monday
  • 23:04
クグロフについては既に書きましたが、他のアルザスの甘い物をご紹介します。アルザスとお隣のロレーヌ地方はフルーツで有名な土地。
特にプラム類が有名ですが残念な事にプラム類の旬は8月〜9月。
今回はミラベル(黄色い小さなプラム)やクエッチ(プルーン)のタルトにはお目にかかれず。
代わりに夏だった事もありますが、グラス(アイス)及びソルベ(シャーベット)をレストランのメニューでは沢山見ました。


ポワールウィリアム(ウィリアムと言う名の洋ナシ)とアブリコ(アプリコット)のソルベです。
これにそれぞれのフルーツのオー・ド・ヴィ(ブランデー)をかけていただきます。
豊富なフルーツから作られるオー・ド・ヴィ類もアルザスやロレーヌの名産。ディジェスティフ(消化を促進する食後酒)の意味もあるのでしょうが、かなりお酒がきつくてファ〜〜〜ッとなります(?)


他には既に紹介しましたがクグロフの形をしたアイスクリームのデザートも良く見かけました。
パンデピス(スパイスローフ)風味やグリオット(ブラックチェリーの一種)入りなど。

他にもフォレノワール、アルザス地方のマカロン、アルザス名物パンデピス、沢山の種類のジャム。
他の地方では見かけたことのない「ビスキイティエ(ビスケット屋さん)」は前を通りかかると「試食はいかが?」と手のひらにクッキーを載せてくれ、またこれが種類豊富で素直な美味しさ。



どれもこれもアルザス人のまじめな人柄を表すような丁寧に作られた素朴な味がしました。




コメント
管理者の承認待ちコメントです。
  • -
  • 2019/01/23 6:40 PM
管理者の承認待ちコメントです。
  • -
  • 2018/05/14 3:59 AM
コメントする








    
この記事のトラックバックURL
トラックバック

calendar

S M T W T F S
 123456
78910111213
14151617181920
21222324252627
282930    
<< June 2020 >>

Twitter LaboAAAAA

selected entries

categories

archives

recent comment

links

profile

search this site.

others

mobile

qrcode

powered

無料ブログ作成サービス JUGEM