旅行記┘僖衂畸蔽絅哀襯

  • 2006.06.27 Tuesday
  • 23:11
さて、アルザスから戻ったら今度はパリです〜。
食べたい物(ほぼノルマ)は勿論沢山。
今回滞在したアパルトマンが私も妹も以前暮らしていたカルティエとずいぶん離れているので、行くお店のラインナップもずいぶん変わりました。
普段着(?)の美味しい物から。。。。

まずははずせない大好物。

これが一位に来るのもどうかと思うけれど、DANONEのGERVITA。
通称「アワアワ・フロマージュブラン」
フロマージュブラン(脂肪分の高いヨーグルトのようなフレッシュチーズ)がアワアワになっていて、昔からの大好物。
これにメープルシロップをかけて食べるとたまりません。
今回もMONOPRIX(スーパー)で真っ先にお買い上げ(笑)
乳脂肪分万歳。でもダイエット用のノンファットも売り出されていました。時勢だなあ〜(豆乳ヨーグルトも沢山ありましたよ)
続きを読む >>

旅行記 舛友達編〜

  • 2006.06.16 Friday
  • 21:04
いや〜、本当にあっという間の2週間でした。
今回の何よりの収穫は沢山の友達に会えたこと!
日本人の友人は勿論、元リッツの仲間達のその後も辿って、ちゃんと会えて、近況報告をし合えたことがなにより嬉しかった!
勿論キュイジニエ(料理人)以外の古くからの友人達にも沢山会えました。


リッツの仲間達。丁度4年前私がフランスを離れる時もこのメンバーで写真を撮りましたが、この中でリッツに残っているのは端のコックコートのダビッドだけ。
ヨアン(中央)は海外で経験を積み、今は他のホテルの部門シェフ、右のジェロームもまもなくリッツを離れ、新しいレストランへと旅立ちます。
他にも大統領閣下(!)の料理人として出発する人、子供を持つようになった人、どんどんコンクールに挑戦し、着実に階段を上っていく人・・・・。
次々と職場を変えてどんどんステップアップしていく皆を見ていると何時も沢山のエネルギーを貰います。
ありがとう!



そして私の留学生活をずっと支えて応援してくれた大切な人達。
ジョゼフィーヌ(赤ブラウス)はサラダの名人でフランス語の先生。
(今回も沢山訂正されました!)仕事を一年休んで世界一周の旅に出たのはもう3年前?!鹿児島の我が家にも2泊逗留しました。
世界中の子供達の写真を持ち帰り、今も語学教師として忙しく働きながら沢山の写真展を行っています。


キャロル(サングラス)はフランシーヌ(下記参照)の一人娘。
私がフランシーヌの家に泊まる時には彼女の部屋を使わせてもらいました。
当時は恋人だったバルトロとの間にもう2人の男の子をもうけ、貫禄たっぷりのお母さんぶりです。


フランシーヌは夫のフランシスと共に以前鹿児島に住んでいて、その時以来の母の友人。
海外でのフランス語教師とフランスでの英語教師の経験を持っていましたが、5年ほど前に一念発起し、美術大学へ入学。
最初は日本の風景を油彩で描いていましたが、最近はカリグラフィー製作に目覚め、東洋と、西洋の自然、エスプリたっぷりの本当に素敵な作品を精力的に制作しています。

日本の骨董と鹿児島、ドラえもんをこよなく愛し、今回もドラえもん西郷さんバージョンをプレゼントしたら狂喜していました(笑)
ベルサイユ近郊の彼女の家のキッチンとバスルームは時計やテーブルクロス、全てドラえもんです。
孫のマチューとロバンも勿論ドラえもん好きの男の子に育ちつつありました。
因みに夫のフランシス(この日は会えず)は大の「タヌキ」好き。
立派な生物遺伝学者なのですが、タヌキについて語り始めると熱い熱い。
おうちの玄関には信楽焼きのタヌキ(よくお蕎麦屋さんにある奴ね)が置かれ、庭の池には桜島の溶岩がプカプカ浮かび、天気の良い日には庭には鯉のぼりがはためきます。
近所の人には「あの巨大な魚の家」として認識されているそうです(笑)


そして私の友人達にはすごく懐かしいはずの「アラブ屋のおっちゃん」。
以前私が住んでいたアパートの1階が日本で言うコンビニのようなアラブ人経営の食料品店で、ずいぶんお世話になりました。
小銭の持ち合わせがないと「ツケ」にしてくれたり、疲れているときにも元気?がんばんなさいね!と元気付けてくれ・・・・。
母が私のアパートの鍵が開けられないで助けを求めるとすぐに開けてくれたり、
妹が個展をするときにも通りに面した一番目立つところにポスターを貼ってくれ。。。。

今回も「好きなもの持って行きな〜!」と飲み物をご馳走してくれました。

これ以外にも沢山の友人がパリで温かく迎えてくれました。
これがあるからまた日本でがんばって、良い知らせを持って再会しに来よう!
と思えるのです。深い友情に感謝!

他にもmiちゃんycoちゃん、グレちゃん、ジルちゃん、めぐこちゃん、cha先生にnorieちゃん!

皆ありがとう!A bientot(see you soon)ね!








サン・ルイ島

  • 2006.06.12 Monday
  • 16:52

昨日はジョゼフィーヌと言う私の元フランス語の家庭教師?にランチにお呼ばれしました。南仏出身の彼女はサラダ作りの名人!ハーブをたっぷり使った美味しいランチを頂いて、おしゃべりの後は私が住んでいたサンルイ島へ。行きつけだった食料品店のおじさんにあいさつして、ペリエやタラマをただでもらい、旧交を温めました。相変わらずいい人だー。あ、サンルイに行ったからにはモチロン世界一と呼び声の高い、ベルティヨンのアイスクリームも食べましたよー♪

プチトリアノン

  • 2006.06.10 Saturday
  • 21:22

引き続きベルサイユ宮殿はさくっと通り過ぎて、マリー・アントワネットの農家を眺めながらサンドウィッチ♪

王の菜園

  • 2006.06.10 Saturday
  • 21:18

ベルサイユの王の菜園に来ました!広大で花や野菜が一杯です。只の畑にしない美意識がすごいなあー

ラデュレ

  • 2006.06.10 Saturday
  • 17:15

ラデュレの新コレクションのテーマはマリー・アントワネットですってー!かわいい♪これを見て素敵ねーと帰宅したら、丁度6月7日よりアントワネットコレクションスタートです、のお知らせを受け取りました。なんてナイスタイミング!

大忙しで喰ってます〜!

  • 2006.06.10 Saturday
  • 15:00
もう右へ左へバタバタしていてなかなか更新できませんでした!!

さて、一昨日(6月8日)はまず朝はお気に入りのテーブルクロスを買いに、デパート、ボンマルシェへ

生徒の皆さんから度々買ってきて〜といわれるクロスですが、
今回ユーロ高の為(本当に高い!)日本円で3万円超位になってしまいます。
それでも!というかたはご連絡下さい、良いのがあれば買ってきますので(笑)以上、業務連絡でした。

一度家に荷物を置いて、今度はオペラ近くはグランドホテルのカフェド・ラ・ペへ。
リッツ時代のスーシェフ、ムッシュ・デュラルブがグランシェフを務め、マブダチのヨアンが働いています。お昼のとても忙しいときに行ってしまって、「3時過ぎにもう一度来て!」というので、調理機材屋さんに買い物に行き、時間をつぶして戻ります。
ヨアンが出迎えてくれて、ホテルの厨房を見学。
その後シェフのオフィスに挨拶に行き、喋っていると、ヨアンが
「そういえばこれからリッツに遊びに行くけど、アサコも一緒に行く?」
と。言うわけで、今度はすぐご近所のリッツへ。

同じく同僚だったジェロームとマークがリッツを離れるので、そのお別れシャンパーニュを厨房で皆で飲みました。


ヨアンと2人で「やっぱりリッツは良いよね〜」と、しんみり。
なんともいえないのほほんとした暖かい空気が流れる厨房なのです。
勿論、シェフのムッシュ・ロットにもご挨拶。
お爺ちゃんシェフたちが「なんでアサコがヨアンと一緒にココにいるの?!」
とかなりビビっていたのがうけました。おっさんシェフたちは相変わらずのエロ親父でした(笑)
それと、オッサン軍団、皆して「アサコ、結婚したの?子供は?」ってかなり失礼ですから。余計なお世話ですから。
いずれの国もオッサンのデリカシーのなさは変わりません。

家に戻ってシャワーを浴びて、今度はホテルクリヨンでお友達のmiちゃんycoちゃんとディナーです。
コチラは私がリッツでお世話になっていた校長先生がディレクターに就任されていて、ホテルのお玄関でお出迎え♪
中庭でよく冷えたシャンパーニュをアペリティフにいただきながら近況報告。
あ、あと自家製の申年の梅干も忘れずプレゼントしておきました。(梅干が大好きなんだそうです)

キラキラの空間でのディナーは本当にステキ♪

シェフは長年アラン・デュカスにいらした方で、アミューズの懲り方からデザートのプティフールまで、苦しい苦しいと言いながらゆっくり楽しみました。
かわいい女の子のソムリエールもとてもチャーミングで進められるままにワインも沢山飲みました。ああ、ウコンもって来ておいてよかった〜!

いや〜、長い一日でした!

続き(9日)のことはまた後ほど!

ちょっと写真が上手くいかないので、日本に帰ったら更新しますね♪

シェーブル教室

  • 2006.06.08 Thursday
  • 01:31

というわけで、シェーブル・サン・モールのアトリエです。3品を2時間で試食までってすごいなーと思っていたら、飛ばす飛ばす。写真左が今日の先生ジャン・セバスチャン。右はフィリップ。2人ともリッツ時代の仲間で、久しぶりなので積もる話も一杯♪しかし、フィリップはリッツ時代はミラベルって呼ばれてたのに、ここでは誰も呼ばないみたい。時間は流れるんだなー。これからお友達のお誕生会。今度は私が出張シェフでーす。
しかしこの写真の私、偉そうだねー。レストランの女主人風です。
asa

パリに夏が?!

  • 2006.06.07 Wednesday
  • 21:53

今朝は一番でコインランドリーに行き、その間に銀行の用を済ませ、オデオン界隈をうろうろ。パリで初めて住んだカルティエなので愛着があります。予約が取れない今一番人気のカフェ、ル・コントワーでサラダのブランチ。早速歩きすぎてつぶれた靴の踵を修理しに行き、今夜のフェット用のケーキを買って、さてと。今度はシェーブル料理のクラスの前にペリエで一息。急に日差しも強くなって夏到来と言った感じのパリです。
asa

calendar

S M T W T F S
     12
3456789
10111213141516
17181920212223
24252627282930
31      
<< December 2017 >>

Twitter LaboAAAAA

selected entries

categories

archives

recent comment

links

profile

search this site.

others

mobile

qrcode

powered

無料ブログ作成サービス JUGEM